Page 3 of 10

手当たり次第

家が散らかって、どこから手をつけてよいのかわからない。
そんなときは、「手当たり次第法」です。
仕事には適用できないけど
家のそうじだから、好きにやらせていただく。

アメフトピアスで元気よく!

菜の花ジェノベーゼ

朝市で買った菜の花をジェノベーゼ風に。
これは美味しい!!
しっかり茹でたからか、青菜の臭みもなくて
葉っぱの美味しいとこだけが残ってるかんじ…。

空櫁 soramitsu

友人、ごいちゃんが奈良にお店をオープンしました。
なんとかオープニング展中に行きたいと思っていたのですが
本日、最終日にいってきました!

びっくりさせようと、事前連絡無しでお店を訪れたら
誰かがデッキに座ってお茶を飲んでいて
ちょうど庭の木で顔が隠れていて
ひょいっと顔をのぞかせたら
ごいちゃんがいて…
なんだか、驚かせようと思ったこっちがじーんとしちゃいました。へへ。

古い文化住宅を改装したお店は、
凝った意匠が随所にあって室内をみるだけでも面白い。
でも、はじめて来た気がしない、懐かしい雰囲気でした。
手作りのもの、器、道具が、ふだんの顔で並んでいます。

大人も子供も、男の人も女の人もわいわい訪れて
おしゃべりして、まるでごいちゃんのお家のような道具屋さん。

元気をもらいました!
さあ、また明日からがんばるぞー

空櫁 soramitsu

連れて行ってくれた妹夫婦、送り出してくれた林氏にも、感謝・感謝!

冷えとり

昨日、健康について書こうと思いながらタイトルを書いたところで、
急にピラフのことを思い出したので、内容だけピラフになってしまった。

アトピー・アレルギー・極度の冷え性である私は、
3、4年前ぐらいに「冷えとり」という健康法を知って以来ずっと続けています。
(最近は女性誌でもよく見かけますね)
「冷えとり」という考え方を通して
ずいぶんと身体への意識が変わりました。

面白いのは、症状がどんどん変化すること。
特にこの2年、頭→顔→ものすごい目ヤニ→首→口→眠れないほどの鼻水→背中…と、
どんどん場所を変え、品(?)を変え、
いろんな症状がでてくるのです。

どの場所の症状も、本当に、あまりに、あまりに酷く、辛かったので、
過ぎた今となってはいい思い出です(笑)

薬は一切使わないのですが、だいたい季節が変わると炎症はすこしずつ治まって
次の症状・場所へと移っていくようです。
(不思議でしょう?)

知り合った当時は、飲み物といえば「キンキンに冷えたファンタまたはコーラ」だった林氏も
今は「お白湯が一番」といってます。
そんな変化もまた、冷えとりのおもしろいところ。

精神的にも肉体的にも、自分というのはまだまだ未知な部分が多いようです。

健康

林氏がお昼にピラフを作ってくれました。
白ワインや、ふぉんどぼー(?)を使った本格的な一品。

薄めだけどしっかりした味付けで美味しかったです。
ピラフって中華?じゃないよねと調べてみたら、
トルコあたりの出なんですね。
フランスのピラフもおいしそうだな〜

ときどき市…お越し頂き、ありがとうございました。

フォレのときどき市
3月後半とはおもえない寒さに加え、
降ったり晴れたりの生憎なお天気。
にも関わらず、たくさんの方にお越し頂きました。
ありがとうございました。

自転車が置けない程混み合っていたので、
某Pアークックに置かせていただいたほどでした!
楽しみにしていたパンも、見ることすらできず…

ですが、フリマではこんなすてきなものを!

ニワトリの塩・胡椒入れ。オドロキの150円!
気負いない雰囲気が、スゴク気に入っています。

次回は5月27日(日)です。